サポート

HOME > サポート > 事故防止に関するご案内 > 綱引きロープの取扱いについて

綱引きロープの取扱いについて

運動会の定番として、また各種イベントで使われる綱引きロープですが、非常に強い負荷のかかるものですので、その取扱いには注意が必要です。
綱引きロープを事故無くご使用いただくために、下記の項目を考慮した取扱いをお願いいたします。

■ 開梱時などのロープの引き出し方について
綱引きロープは小さく巻き上げた状態で出荷されますが、これを引き出していただく際に注意が必要です。
不用意にロープを引き出し、キンク(写真1)した状態でロープを引くと、ヨリのバランスがくずれてストランドキンク(写真2)が生じて元のヨリに戻らなくなり、ロープの引張り強度が40〜80%程度低下しますので非常に危険です。
キンクの状態にならないように十分に注意してロープを引き出してください。

写真1 キンク
キンク
この状態で絶対に引っ張らないでください。
写真2 ストランドキンク
ストランドキンク

■ 使用人数の目安
綱引きロープを安全ご使用いただくためには、ロープに対して適切な使用人数の範囲内で競技を行うことが重要です。

材質と太さに対する使用人数の目安
材質 太さ 小学生 中学生 高校生・一般
30mm 85人以内 60人以内 50人以内
36mm 120人以内 80人以内 65人以内
38mm 130人以内 90人以内 75人以内
45mm 180人以内 120人以内 100人以内
50mm 240人以内 160人以内 130人以内
ポリプロピレン 30mm 170人以内 120人以内 100人以内
36mm 200人以内 150人以内 120人以内
38mm 220人以内 160人以内 130人以内
ポリプロピレン
(クロスロープ )
36mm 200人以内 130人以内 120人以内
38mm 220人以内 150人以内 140人以内
45mm 300人以内 220人以内 200人以内

表内の人数は新品ロープ使用時の目安です。ロープの状態に加え、身長・体重・年齢・体力レベルに応じてご使用ください。

長さに対する使用人数の目安
長さに対する使用人数の目安

イラスト例に示す通り、競技者の前後の間隔を1m取り、左右の競技者が横並びにならないようにずらしながらポジションを取ることが重要です。

以上、「材質と太さに対する目安」と「長さに対する目安」の両方を考慮した人数でご使用ください。

■ 保管上の注意
保管方法によってはロープの強度が急速に低下し、破断の原因になることがあります。以下の項目にご注意いただきまして、正しい保管をしていただきますようお願いいたします。

□ 風通しの良い場所で保管し、カビや湿気を避け腐食に十分ご注意ください。
□ 地面に直接置かず、スノコの上や巻取器に巻きつけて保管してください。
□ ロープが濡れた場合には陰干しし、乾燥させてから保管してください。
□ 水洗いは絶対にしないでください。

■ 点検について
(財)日本体育施設協会が示す綱引きロープの耐用年数は2年ですが、これはご使用環境・保管状況により大きく異なります。
安全にご使用いただくためには定期点検が不可欠ですので、ささくれ・ほつれ・磨耗が無いか、キンクや腐食が無いかなどを少なくとも(財)日本体育施設協会が示す3ヶ月ごとに確認してください。